不動産営業マンは絶対に教えてくれない『マンション選び78のチェックリスト』無料公開中!  詳しくはこちらをクリック

      2017/03/08

床暖房ってどうよ?メリットとデメリットを比較してみた。

 
床暖房のデメリットを訴える女性

こんにちは。

マイホーム塾塾長の安山です。

 

寒い冬は、早く温かいマイホームに帰りたくなってしまう。

温かいマイホームって物理的にも温かくないとイミない!

やすやま

じゃあ、床暖房しちゃう?

 

でもね…

 

床暖房。

それは、マイホーム計画で一番最初に希望であがるもの。

 

床暖房。

それは、一回目の見積りがでると一番最初に希望から外されるもの。

 

そんな床暖房のメリットとデメリットをまとめてみたので、どうぞ!

 

 

床暖房の種類

床

 

床暖房には大きくわけて

■電気ヒーター式

■温水循環式

の2つがありますよ。

 

やすやま

詳しく説明するので、どうか読み飛ばさないでね(笑)。

 

 

電気ヒーター式床暖房

床下にヒーターを内臓したパネルを設置。

電気によってヒーターが発熱し、床面を直接暖めます。

 

■電熱線ヒーター・・・発熱体の熱線部分に電気を通して発熱する方式

■カーボン式・・・発熱体がカーボン(炭素繊維)のヒーター方式

■PTCヒーター・・・自己加熱抑制機能を持ち、ムダな発熱を抑える方式

■蓄熱電気ヒーター・・・深夜電力を利用しヒーターを暖め、蓄熱材に熱を溜め込む方式

 

温水循環式床暖房

電気、ガス、灯油などの燃料でお湯を沸かします

その温水がパイプを循環して床面直接暖めます。

 

■電気温水式床暖房・・・電気でお湯を沸かす方式

①エコキュート使用・・・割安な深夜電力を利用

②ヒートポンプ使用・・・ヒートポンプ(空気の熱を冷房や暖房等に有効活用するシステム)を利用

③太陽熱利用・・・太陽熱で得た温水をガスや灯油ボイラーで再加熱して利用

 

■ガス温水式床暖房・・・ガスでお湯を沸かす方式

①給湯器利用・・・給湯時の廃熱を利用

②ガスボイラー利用・・・床暖房専用のボイラーを利用

③エコウィル利用・・・発電機で発生した排熱や電力を利用

 

■灯油温水式床暖房・・・灯油でお湯を沸かす方式

灯油ボイラー利用・・・床暖房専用のボイラーを利用

 

 

電気ヒーター式床暖房のメリット

 

やすやま

電気ヒーター式床暖房のメリットって何なんでしょう?

 

それは、

『温水式床暖房』に比べたら

初期費用が安いってこと。

 

熱源がいらないからね。

基本的には暖房パネルを設置するだけだから工施工も簡単ラクチン。

 

あと、メンテナンス費用もそんなに高くないのもメリットかな。

ヒーターの寿命は建物と同じぐらいって言われている。

てことは、22年ぐらい?

(木造の法定耐用年数が22年なので)

交換になっても初期費用が安かったように、交換費用も安くすむのがGOOD。

 

 

電気ヒーター式床暖房のデメリット

 

まあ、それは

ランニングコスト(電気代)が高い

ってことですね。

一万円2枚

 

エコキュート利用の電気温水式床暖房に比べたら

なんと4倍

ランニングコストがかかる~~~~~!!

 

ガス温水式床暖房と比べても2倍!!

 

※注意※

電気蓄熱式だけは、初期費用が高く、逆にランニングコストは低め。

 

 

温水式床暖房のメリット

 

電気ヒート式床暖房に比べたら

ランニングコスト(電気・ガス・灯油代)が安い

ということがメリット。

 

ガス温水式だと、それ以外にも

■温水の最高温度が高く、輻射熱で部屋全体が暖かい

■スイッチをいれてから、暖まるまでの時間が早い

■給湯器がコンパクトですむのに、パワーがある

ってメリットがある。

 

 

温水式床暖房のデメリット

 

やすやま

じゃあ、デメリットって何?

 

まず、初期費用でしょう!

お金を数える女の子

やっぱりかかります。

広さや種類にもよりますが、

50~100万

ぐらいはかかってしまいますね。。。

 

そして、メンテナンス費用も高めです。

 

温水パイプは30年以上使用できることが確認できてるそうだけど。。。

 

でも、

ガス給湯器

エコキュート

ヒートポンプ

コントローラー

 

だいたい寿命があるのよね。

 

聞いたことありますか?

床暖房を導入されている人は教えてもらっていますか?

だいたい10~15年ぐらいで交換ですよ?

 

知っていますか~?

 

 

循環する不凍液の補充や交換だって必要ですよ?

 

知っていますか~?

 

 

やすやま

知らずに導入されている人が多いのにいつも驚きです!

担当者がちゃんと説明しないんですか?プンプン。

 

 

 

床暖房のメリットとデメリット

 

恵美さん

じゃあ、結局、床暖房ってやったほうがいいの?やめたほうがいいの?

 

って悩んでしまいますよね。。。

 

ここでもう一度考えてみよう!

床暖房のメリット

■とにかく快適!部屋全体を優しく暖める効果

足元って寒いんですよね~どうしても。

でも暖かい空気は上に上がってしまうから、足元を暖め続けるのは難しい

でも床暖房なら足元から優しく暖めてくれるから快適すぎ!

 

しかも、

足が床に接する時に伝わる「熱伝導」に

床からの赤外線の熱が空気を暖める「輻射熱」と

床から暖かい空気が上へ移動する「自然対流」が起こり、

部屋全体を暖めてくれるから最高!

 

■室内の空気も汚さず、無音

熱源などが室外になるから空気も汚れないし、室内は騒音もしない

結構ストーブとかエアコンとかってけっこう音するから。

立ち上がりのエアコンって風の音が強いですからね~。

 

■ホコリが舞い上がらず、空気がキレイ

エアコンみたいに風を起こさないから、ホコリを巻き上げず空気がキレイに保てるよ。

 

■必要な熱量は小さいため省エネ

空気を暖めるストーブやエアコンに比べると必要な熱量が少なくて省エネなのね。

 

床暖房のデメリット

■初期費用がかかる

さっきも書いたけど、やっぱり導入にお金がかかる

電気ヒーター式のほうが安いと言っても、かかるものはかかる

 

■ランニングコストもかかる

温水式のほうが安いと言っても、かかる。

ここは、別の暖房器具を使った場合と比較して、高くなる場合と安くなる場合がある

けども、やっぱりピンポイントじゃなくて部屋全体を暖めるわけだから、効率的ではない

 

■メンテナンスも必要

不凍液を交換したり、部品や熱源を交換したりなど。

一度故障しちゃうと、エアコンよりは費用がかかる。

交換となれば、もっとかかる。

 

■意外だが乾燥する

床暖房は乾燥しにくい、という説明をよく見ますが。

やすやま

乾燥はしますよ。

これは私が実際に体験した実感。

 

 

要するに、快適だけども

金がかかる!

ってわけね~床暖房は。

 

 

床暖房じゃなくって床下エアコン、知っていますか?

 

 

画像はDAIKINさんより

 

じつは、床暖房のような床下断熱工法よりもメリットが多いと言われている

基礎断熱工法!

基礎断熱について詳しくは、基礎断熱って聞いたことある?を読みなはれ~)

床下断熱

作図:わたし 床下断熱工法

基礎内断熱

作図:わたし(笑) 基礎内断熱

基礎外断熱

作図:わたし(笑) 基礎外断熱

 

この基礎断熱という考え方が普及してきた中で、床下エアコンも注目され始めてる!!

基礎に断熱材を施工する住宅で使われる暖房システムなのよ。

 

床下もひとつの室内として考えていて、

床下にエアコンからの温風を送って1階の床下から床面を暖める。

プラス、床に設けた空気口から各部屋にも温風を送る。

すると、家全体に緩やかな対流を起こして、家全体が暖まる。

床下エアコンおすすめ

作図 わたし(←しつこいw) 床下エアコン

 

もちろん暖房だけじゃなくって、断熱システムと換気システムと暖房システムの3つの計画が大切

そして、そのシステム作りにもお金はt多少かかる。

 

でも、普通の家(床面積40坪ぐらいまで)なら

15畳用エアコン

で十分足りるというなんともローコストな暖房システムなの。

 

もちろん初期費用だけでなく、ランニングコストも安くすすむからね!

これは、かなりおトク。

 

床下エアコンもっと知りたい人はコチラ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

基礎断熱+床下エアコンにはデメリットを補ってなお余りあるメリットがあるよ!でも間違ったつけ方しないでね?

 

 

床暖房のメリット・デメリット・・・まとめです

 

いかがだったでしょうか?

床暖房あれば快適ですよね~。

それは間違いない!って私も思う。

 

でも、最大のデメリットは

金喰い虫

ってこと!

お金がかかりすぎる~~~。

買う時も買った後も!!

やすやま

ギリギリの住宅ローンを組む人は絶対に止めておきましょう!

 

その点、床下エアコンはそのデメリットをかなり補う新しい暖房システムだなって思う。

どうですか?

マイホーム建てられるなら、この『床下エアコン』考えてみません?

 

 

では、また!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です