2018/05/05

基礎断熱って聞いたことある?床下断熱との違い、メリット&デメリットの事実を知って欲しい。

 
快適な家が欲しい女性

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

マイホーム塾の安山です。

 

『夏涼しくて冬暖かい』

そんなマイホーム憧れませんかぁ~?

欲しくないですかぁ~?

 

私は欲しいで~~~す!

 

わが家は一級建築士が設計した家ですが…

夏暑くて、冬寒い!!!

(だって、建築士試験に断熱の問題は出ないもの・・・泣)

 

真冬の朝のリビングは

2℃

 

「ハアー」ってしたら・・・息、白いわ!!!

 

あなたはそんな失敗しないよう、断熱の事、これで勉強してみてね。

 

 

基礎断熱とは?

 

基礎断熱って聞いたことありますか?

普通はないですよね。

 

マイホームを考え始めて、いろいろ調べだすと・・・

基礎断熱がいいのか?

床下断熱がいいのか?

という疑問にぶつかります。

 

基礎断熱とは

床下基礎部分

作図:わたし(私) 家の基礎部分

 

この床下空間も室内空間のひとつと考え、

基礎のコンクリート自体

を断熱材で覆い、コンクリートに熱が伝わりにくくして、床下空間を暖かく保ち、床から暖める工法を言います。

 

そして、基礎断熱にも2種類あります。

基礎外断熱基礎内断熱です。

 

 

基礎外断熱ってこんなん

 

基礎外断熱とは基礎の外側に断熱材を施工する工法。

作図:わたし(笑) 基礎外断熱

 

 

基礎内断熱ってこんなん

 

基礎内断熱とは基礎の内側に断熱材を施工する工法。

基礎内断熱

作図:わたし(笑) 基礎内断熱

 

 

床断熱との違いは?

 

床下断熱

作図:わたし(私) 床下断熱

床下断熱は、一回床下の全面に断熱材を取り付けて、床下空間からの暖気や冷機の影響を受けないようにする工法を言います。

日本の住宅のほとんどは、この床下断熱です。

 

この工法では、床下は室内とは考えておらず、床下空間は室外と考えます。

床下の風通しを良くするために、床下換気口を設置します。

だから床下空間はめっちゃ寒いんです。

その床下の空気に冷やされないように、断熱材を取り付けるんですね~。

 

 

基礎断熱のメリット

 

基礎断熱のメリットはこちら。

1.気密施工が簡単に出来るので、断熱・気密性能が確保しやすい

基礎部分の気密性を意識するだけでいいので、施工が簡単に出来ます。

 

2.床下空間は室内空間と考えているので、室温と近くなり冬の床の冷たさが和らぐ

床下空間も室内と考えているので、室内環境に近く、室温より1~2度低いだけで暖かいんです。

だから床下から冷やされることもありません。

 

3.夏は地熱で床から涼しく、冬は基礎と土間のコンクリートが蓄熱層として働き暖かくなる

夏は、外気より地熱のほうが温度が低いので、地熱に冷やされたコンクリートが床下の空気を冷やし床がひんやりと冷まされます。

冬は、基礎や土間のコンクリートが室温や地熱の蓄熱層としての役割を果たすので、床下から暖めます。

 

『夏涼しくて冬暖かい』

そんなマイホームは叶いそうじゃないですか~?

 

 

基礎断熱のデメリット

 

基礎断熱のデメリットはこちら。

1.基礎の外側に張る断熱材の内部にシロアリが侵入する危険性が高い

通常、シロアリは地中から侵入し、地中からエサとなる木材までの間に、シロアリの通り道(蟻道)を作ります。

そのため、床下を目視でチェックして、蟻道があるかどうかにより、シロアリ被害を点検します。

 

けれども、、、

基礎外断熱工法の場合には、蟻道を作らないので、床下を目視でチェックしてもシロアリ被害を確認できないんですね。

また、基礎から壁へと侵入していき、梁が土台より先に被害にあう場合もあります。

(怖いですね・・・)

 

2.基礎コンクリートの湿気が1~2年は放散するので、湿度が高くなり結露しやすく、カビが発生する可能性が高い

基礎断熱は、床下断熱に設置される床下換気口を設置しません。

そのため、竣工後1~2年は基礎コンクリートが乾燥しておらず、湿気を放出するので、床下の湿度が高くなり結露して、カビが発生する可能性が高くなります。

 

 

オススメは基礎外断熱

 

床下断熱よりも基礎断熱

基礎内断熱よりも基礎外断熱

これは住宅業界の中では常識なんです。

 

床下断熱工法では、床下空間は外気温に近いので・・・

冬場に外気温0度、室温20度だと、床下温度は5~6度ぐらい。

 

でも、基礎外断熱工法では、

床下温度は室温のマイナス1~2度ぐらい!!!

(どっちが暖かいかなんて、比べるまでもないw)

 

でも、一般的に施工数が多いのは床下断熱

新築でもリフォームでも、圧倒的に床下断熱。

 

それはどうしてかって?

シロアリ問題とカビ問題

根本的に解決するのが難しいって思われているから。

 

でも、この認識ははっきり言って

古い。

 

状況はここ数年で劇的に変わってきてます。

タームガード

画像はタームガードさんより

タームガードっていう、シロアリの生涯保証がつく新技術が出ています!!

このタームガードという技術が登場し、「シロアリ被害」を心配して基礎外断熱を諦める必要はなくなっているんですよ。

 

換気だって、いろんな方法で床下換気を行えます。

 

ただ、家を建てる工務店さんがそのことを知っているか?知っていないか?だけの違いなんです。

でも、最新情報なんて自分から情報収集していかないと知ることができません。

だから、正しい最新の技術を積極的に収集している工務店さんをしっかりと選びましょうね。

 

 

基礎断熱・・・まとめ

 

いかがだったでしょうか?

基礎断熱のことがちょっとわかりましたか?

 

『夏涼しくて冬暖かい』

そんなマイホームが欲しいなら、私は

基礎外断熱

をオススメします。

 

床下空間であっても、

室内空間であっても、

断熱性能と換気性能は切ってもキレない関係

 

特に、換気を怠ると・・・

結露

カビ

シロアリ

の被害に遭いますので、十分に対策をとってくれる工務店で建ててくださいね。

 

では、また!

 

 

床暖房を悩んでいるならこれ読みなはれ~♪

床暖房ってどうよ?メリットとデメリットを比較してみた。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マイホーム塾 , 2017 All Rights Reserved.