不動産営業マンは絶対に教えてくれない『正しいマイホーム選びのノウハウ』無料公開中!  詳しくはこちらをクリック

   

基礎断熱+床下エアコンにはデメリットを補ってなお余りあるメリットがあるよ!でも間違ったつけ方しないでね?

 

こんにちは。

マイホーム塾の安山です。

 

☑基礎断熱+床下エアコンって?

☑床下エアコンってどうなんだろう?

☑どんなデメリットがあるんだろう?

 

そんな疑問と興味がある方だけお読みください。

床下エアコンはデメリットを補ってもなおあまりあるメリットがある暖房システムですよ!!

 

 

基礎断熱って?

 

まず、

「基礎断熱って何?」

というあなたのための説明です。

お読みください↓ ↓ ↓

基礎断熱って聞いたことある?床下断熱との違い、メリット&デメリットの事実を知って欲しい。

 

 

床下エアコンって?

 

基礎外断熱

基礎外断熱

床下エアコンというのは、

基礎断熱構造

にした上で、床下空間も室内と考えるので床下もエアコンで暖めて、床から暖房しよう!という新しい床暖房の施工法です。

 

しかも!

床下空間って蓄熱にとっても適した構造になっているんですよ!

一度暖めた空気を蓄熱するのにも最適な場所なんですから、これを使わないなんて

モッタイナイ~~~!!!

 

 

床下エアコンのデメリット

 

床下エアコンのデメリットって何なのか?考えてみました。

☑基礎断熱構造が必須

☑高い断熱性能も必須

☑高い気密性能も必須

☑工務店さんに高度な知識が必須

☑夏の冷房には使えない

 

中途半端な断熱・気密性能

だと、光熱費ばかりかかって暖かくない!!!なんて悲惨な状態になり非常に危険なので止めておきましょう。

 

 

床下エアコンのメリット

 

確かに床下エアコンにもデメリットはありますが、それを補ってなお余りあるメリットがあります!

☑床下からの暖かい空気による輻射熱で床から暖かい

☑暖かい空気は上昇するので、エアコン一台で家中暖かい

☑エアコン一台つまりは光熱費もお得

☑エアコンの温風に当たらず快適に暖かい

☑基礎外断熱の結露によるカビ問題もなし

 

人間って『頭寒足熱』を好みますよね?

でも、壁掛けエアコンって上から下に向けて暖かい空気が出てくるので、どうしてもすぐに上昇してしまうんですよね・・・

それじゃあ足元が寒い!!って更にエアコン温度を上げたり、強にしたり。

 

エアコンの温風が顔に当たって

「お肌も目も乾燥しちゃう~~~><」

って女性多くないですか?

 

でも、この床下エアコンだと足元から暖かくなるので、本当に快適~~~^^

 

 

間違いだらけの床下エアコン設置方法

 

間違った設置例1

床下エアコン間違い例1

よくある間違った設置方法。

単純に床に穴を開けて、エアコンの吹出部分を床下に向ける設置方法になります。

 

エアコンから出てくる暖かい空気がすぐ跳ね返りやすい構造になっていますよね?

これだと、暖かい空気が吹出口から上へと上昇してしまい、エアコンの吸込口に戻ってしまいます。

 

吸込口のすぐ近くに室温センサーはあるので、センサーが暖かい空気を感知してしまうと、

「もう部屋の中は暖かくなったのね~♪」

と勘違い(誤作動)してしまって、暖房運転を停止してしまいます。

 

間違った設置例2

床下エアコン間違い例2

床下にエアコン本体を全部入れてしまうケース。

こうやってしまうと、床下空間の温度がすぐに上がってしまいます。

そしたら、暖かい空気をエアコン本体にある吸込口から吸気してしまうので、

(ふつうの壁掛けエアコンは吸込口のすぐ近くに室温センサーがあるので。)

これもエアコンの暖房運転が停止してしまいます。

 

暖かい空気ってあまり横に広がらないので(上昇はするけど)、床下全体が暖まりにくいですし。

 

 

このように床下エアコンを設置する場合には、

室温センサーにエアコンから吹出される暖かい空気を感知させない

工夫が必要になります。

 

 

オススメの床下エアコン設置方法

 

床下エアコンおすすめ

私がオススメの床下エアコンはこちら。

壁掛けエアコンではなく、床置きエアコン↓ ↓ ↓ ↓ ↓を使用!

ダイキン床置形エアコン

画像はDAIKINさんより

暖かい空気の吹出口は上部と下部の2箇所あります。

これを床上と床下の両方から吹き出るように設置します。

 

この床下(?)床置き(?)エアコンを24時間運転にします。

24時間運転ですが、設定温度になれば自動で運転停止になりますし、室温が下がればまた自動で運転再開するので、ずっと室内温度を一定に保つことができ快適♪

 

エアコンのスペックも暖房14~15畳のもので十分(!?)

 

私見ですが、コレが今の段階では一番床下エアコンに向いている設置方法と思っています。

 

 

ちなみに、床下エアコンは夏の冷房には向きません。

暖かい空気と違って、冷たい空気は上昇せずに下へと落ちていくので。

 

なので、夏用には天井上の小屋裏に壁掛けエアコンを設置します。

(これも空気の流れを計算した設計が必要となりますのでご注意くださいね。)

夏用エアコンですが、冬場の特に寒い日には暖房としての利用も出来ますしね。

 

つまり。

冬用には床下エアコン。

夏用には壁掛けエアコン。

この2台だけで十分快適な『夏涼しく、冬暖かい』家は実現するんですよ^^

 

 

床下エアコン・・・まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

せっかく基礎断熱をするなら、床下エアコン設置しないとメリットが少ないように思います。

床下エアコンで

夏涼しく、冬暖かい、省エネ

のマイホームが実現しますよ?

 

でも、設置方法を間違っている工務店さんもまだまだいるのが現状。

正しい最新の知識のある工務店さんで設置してもらってくださいね。

 

では、また!

 

コレ読んだら完璧だよ!!

床暖房ってどうよ?メリットとデメリットを比較してみた。

基礎断熱って聞いたことある?床下断熱との違い、メリット&デメリットの事実を知って欲しい。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です