2018/05/05

知ってますか?不動産業者じゃなくても不動産の取引価格情報が見れるサイトをご紹介!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

マイホーム塾の安山です。

 

マイホーム購入を検討しているあなた。

欲しいな~って思ってるエリアの実際の不動産取引価格を調べたい!

って思ったことないですか?

 

実は、不動産業者じゃなくても調べられるサイトがあります!!

それがこちら♪

土地総合情報システム

という国土交通省が管理するサイトです。

 

 

不動産ポータルサイトは売却希望価格しかわからない!

 

不動産ポータルサイトって見たことありますか?

HOME’S とか

athome とか

Yahoo不動産 とか

SUUMO とか

不動産情報が集められているサイトのことです。

 

マイホームを購入する前には、こういったポータルサイトで

購入希望エリアの相場

をちゃんと見ておくことを激しくオススメしています、私。

 

ただ、こういったポータルサイトはあくまで

売却希望価格

なんですよね。

 

実際に取引された価格とは違います。

 

実際に、売り出し価格を決定する際には、多少の値段交渉も考慮します。

また、

「こんな金額じゃ絶対に売れないぜ~」って売却希望価格もたまにあります。

(仲介会社が売り主さんを説得しても、絶対にこの価格じゃないと売らない!ってパターンです。。。)

 

なので、参考にはできますが鵜呑みにもできない金額なんです。

事実、人気物件以外は大なり小なり値引きがされていますからね。

 

 

不動産業者はレインズで過去の実際取引価格が分かる!

 

じゃあ、

不動産業者はどうやって調べているのか?

って不思議ですよね?

 

実は、不動産業者にしか見ることのできない

レインズ

という不動産情報サイトがあるんですね~。

近畿レインズ

 

このレインズには、

現在売り出し中の物件

もあれば、

過去の成約事例

もあるので、その情報を調べて売り出し価格の妥当性を検討するんです。

 

でもこのレインズは、業者しか見れません。

IDとパスワードでしっかりと管理されていて、勝手に進入できないようになっています。

 

なので、業者じゃない方が

「ちょっとこの辺りの相場を調べようっと!」

と思っても調べられません。

 

不動産会社の営業マンに頼んで出してもらうしか方法はないんです。

 

 

土地総合情報システムでも実際の不動産取引価格が分かる!

 

でも、実は誰でも実際の取引価格が見れるサイトがあるんですね~~~

 

それがこちら!!!

土地総合情報システム

という国土交通省が管理するサイトです。

土地総合情報システム

実際に行われた取引価格も調べられますし、

地価公示も調べられます。

 

『不動産取引価格情報検索』をクリックすると

不動産取引情報検索

1.時期をプルダウンの中から選ぶ

 

2.不動産の種類を選ぶ(土地・土地と建物・中古マンション等)

 

3.地域を選ぶ(都道府県・市区町村・地区)

→『上記の地図を表示する』をクリックすると、下記の画面が開きます。

取引価格情報検索地図

(これは大阪市中央区心斎橋筋で検索してみました^^)

4.見たいエリアの『青い』をクリック

取引価格情報検索エリア

5.『詳細表示』をクリック

取引価格情報詳細

青い○で囲んだ三角をクリックすると、並び替えできます。

 

こちらのサイトの情報は実際に行われた取引価格になるので、よりリアルな相場を知ることができますよ!!

 

 

不動産の取引価格情報・・・まとめ

 

いかがでしたか?

 

土地総合情報システム

便利じゃないですか?

 

あなたがマイホームを買いたい時。

あなたがマイホームを売りたい時。

 

ちゃちゃっと調べるだけで、相場がどれくらいなのか、すぐに分かります。

特にマンションは、比較がしやすい不動産になるので結構使えますよ♪

同じマンションの情報があればラッキーですよね?

 

もちろん、不動産には同じマンションだとしても、1つとして同じものはないです。

なので、諸条件によってかなり価格も変動します。

 

そこは不動産のプロの意見も素直に聞いてくださいね(笑)

では、また!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© マイホーム塾 , 2017 All Rights Reserved.