業界が隠し続けるマイホーム選びの真実、バラしちゃいます!!

不動産営業マンは絶対に教えてくれない『正しいマイホーム選びのノウハウ』無料公開中!  詳しくはこちらをクリック

そろそろマイホームが欲しい!だけど何からはじめればいいんだろう?

2018/05/04
WRITER
 
マイホーム 何から
この記事を書いている人 - WRITER -

 

結婚した、子どもができた、転職した、引っ越ししたなど…、

「そろそろマイホーム」を意識するタイミングがあると思います。

 

よく友人から「そろそろマイホームが欲しいけど何からはじめていいかわからない!」と相談されるので、今回はそんな時私がマイホームアドバイザーとして答えている内容をご紹介します。

 

 

自分の希望は何か?しっかり考える。

 

 

「なんとなくマイホーム!」と思い立ち、

「なんとなくモデルルーム!」あるいは

「なんとなく住宅展示場!」へ行き、

モデルルームや住宅展示場の豪華さに流され、

なんとなく契約してしまう…。

 

 

こういうパターン結構多いんです!

やすやま

 

 

ダメだと言ってるわけではありません。

結果的に買った人にとって満足度の高いマイホームになれば、どんな形でもいいと思います。

ただなんとなく〜で選ぶと考える時間が少なかった分、後悔する人の割合が多いのも事実。

 

 

「そろそろマイホーム」と思ったら、まずは自分が何を求めているか徹底的に考えましょう。

やすやま

 

 

マンション?戸建?

 

まず欲しいのはマンションですか?戸建てですか?ここからはじめてみましょう。

 

 

えーどっちもでいいんだけど…。

 

そういう人も当然います。

 

どちらか?って決められない人は、マイホームを買った後にどんな生活をしたいのか?どんなライフスタイルを送りたいのか?を考えてみたらいいと思います。

やすやま

 

 

うーん、えーと。マンションでも戸建てでもいいけど、通勤にも便利だから駅から近い方がいいな。

できれば、徒歩圏内に学校や病院、スーパーやコンビになんかの生活施設も欲しいし。

もちろん戸建てを買えたらいいけど、この希望だったら高すぎるのでマンションかな。

マンションは便利さもあるし、管理も楽だよね。

 

 

駅近であることを優先するなら、予算にもよりますがマンションの方が候補になってきますね。

やすやま

 

こんな風に自分が家に対して何を求めているのか?を考えていく時間を持つことが大事です。

 

 

新築?中古?

 

私個人は中古マンションを買って、リノベーションする方法をオススメすることが多いのですが、

 

 

「新築がいい!」

 

 

という考え方が根強いのは事実です。

ただ私個人としては、戸建ては新築、マンションは中古がいい!と思っています。

 

なぜか?

 

マンションには建物のハズレはなく、あるとしたら場所のハズレ

 

マンションの価格は、こういう要素で決まります。

  • 場所
  • 築年数
  • 施工会社
  • 階数
  • 角部屋か中部屋か
  • 広さ

これ以外に価格を変える要素がないんです。

逆を言えばこれさえわかれば現地に行かなくても、部屋を見なくても価格はわかるんですよ。

中身の設備はいくらでも入れ替えられますからね。

 

 

マンションの場合いわゆる「はずれ物件」ってほぼなくて、最初からある程度の性能が担保されています。

気密性、耐震性、快適性もニュースであった偽装問題のようなよっぽどじゃない限り、建物自体ハズレを引く可能性がないんです。

 

となると、あるとしたら…場所のハズレ!

 

人気沿線の人気駅の駅近(6分以内)だと価格が下がらず、資産価値が高い傾向にあります。

また人気校区だと駅から離れても人気があります。

やすやま

 

 

つまり、マンションは立地とマンション内での部屋の位置と広さが全て。

立地条件ならば、人気沿線の人気駅の駅近は既にマンションが立っている場合が多いでしょう。

という理由で、マンションなら中古も視野に入れることをオススメしているんです。

 

 

戸建ては物件自体のハズレも存在するので新築がいい!

 

戸建てはこれの逆の考え方です。

 

駅近でなくても広さや間取りによっていくらでも価格に差がつきます。

施工会社によっては手抜き工事もありうる話です。

雨漏り、家の傾き、基礎の劣化、白アリ被害なんかのリスクもあります。

しかも、この10年ほどで家の性能が格段に上がっていますから、断熱性や気密性は比べ物になりませんし。

 

新築だと施工会社を自分で選べるので、高性能な家を建ててくれる会社を選べば、そこのリスクは無くせます。だから、戸建ては新築がいいと思っています。

 

 

10年、20年先のことまで想像してみてください

 

マイホームの場所に関する話でよく出てくるのが、

 

 

「今の校区から離れたくない」

「実家からはなれたくない」

 

 

という言葉です。

お気持ちはわかりますが、10年20年先まで考えると子どもも巣立ちます。

やすやま

 

それから

 

 

「とにかく安い家がいい!」

 

 

という声も聞きますが、

10年20年あるいはもっと住む可能性のある家、安いだけで選んでよいのでしょうか?

やすやま

 

自分が求めるものはなにか?を考える時に大事なのは

「今はいいけど、この先もそれでいいのか?」

「資産性があるか?」

こういう視点です。

このことを踏まえてじっくりあなたがマイホームに求めるものはなんなのか?考えてみてください。

まずはそこからです。

 

 

ざっくりでいいので、資金計画を立てよう

 

 

ざっくりでいいので、予算を決めておきましょう。

カシオのサイトでシミュレーションできます。

 

マイホームの予算の考え方、貯金、頭金についてはこちらの記事を読んでみてくださいね。

「貯金いくらならマイホーム買っても大丈夫なの?」の声に私はいつもこう回答しています

平均いくら払っていくら残す?マイホーム頭金の相場と貯金の本当のところ。

 

 

資金計画は、不動産屋さんやモデルルームに行くよりも先にすることをオススメします!!

やすやま

 

 

なぜか?

 

 

私は常々マイホームとは年収基準ではなく、返済できる金額を基準での予算決めを推奨してます。

 

ところが、不動産屋さんに行くと、あなたの年収から買える金額を言われてしまします。

不動産会社に勤めていた私がいうので間違いありません(笑)

返済金額基準よりも時に1000万以上の差が出るので、どうしても背伸びした物件選びになっちゃうんです。

そうならないように、最初にざっくりも予算を決めておきましょう。

 

 

マンションであれば、チラシを見て先に物件を見に行ってみよう

 

 

やっぱりマンションがいいです!

駅に近いところがいい。

 

 

であれば、先ほども書いた通り中古物件もぜひ視野に入れてみてください。

やすやま

 

資産性において優位な物件が見つかるかもしれません。

中古物件なら、チラシに出ているマンション名を元に自分で先に物件を見に行けます!

 

 

え?でもさっき現地へ行かなくてもいいって言いませんでしたか?

 

 

確かに、価格に関しては現地に行かなくても部屋を見なくてもわかります。

でもそれは価格の話であって、実際買うとなると現地へ足を運びリサーチすることはたくさんありますよ!

過去記事にも書いています。

プロが気にするのはココ!!中古マンションを購入するときチェックすべき10のポイント。

 

 

立地

 

マクロとミクロ両方の視点で立地を見てみましょう。

 

そのマンションのある場所に着目します。

 

  • 希少価値が高いほど金額が落ちない
  • 駅直結で商業施設ともひっついているマンションは唯一無になので希少価値が高い
  • 駅から少し離れていたとしても人気の校区

こういう場所にマンションが立っている場合は、中古であっても資産価値が高いです。

 

 

ではもう少しミクロの視点で立地を見てみましょう。

いくら駅近であってもものすごい繁華街だとしたらどうでしょうか?

 

 

えー。子どものことを考えたらそれはちょっと…。

 

 

そうなりますよね。

コンビニや商業施設などの利便性を保ちつつ、過ごしやすさもあるこれが理想ですね。

 

ただこの感覚は人によって違いますから正解ってない気がします。だからこそ現地へ行って感じてみてください。

やすやま

 

 

マンションの管理状態

 

こういうところを見てみてください。

 

  • 共用部分 
  • 玄関
  • 駐車場
  • 駐輪場

 

これらの掃除は行き届いていますか?

共用部分に自転車を置きっ放しなどマナー違反はありませんか?

掲示板に「決められた曜日以外にゴミを捨てないで!」みたいなお知らせはありませんか?

 

管理会社や管理組合がきちんと機能していたら、こういうことにはなっていません。

やすやま

 

チェックポイントはまだまだあります。

  • 外壁はきちんと塗装されていますか?(コンクリの多少のヒビは仕方ない)
  • 郵便受けを見てみましょう、空室は多いですか?(空室多い=売り出しても売れていないの指標になる)
  • 管理人さんがもしいたら声をかけてみましょう
  • 住民とすれ違ったら挨拶してみましょう

 

 

そこで感じたこと、調べたことってものすごい大事です。

 

その物件に決めたら毎日でも感じることですから、ここで印象が悪いとかなんか違うと感じたらその違和感は大事にした方がいいと思います。

やすやま

 

 

そっか、いろいろ前準備があるんですね。

 

 

そうです!ここまで来てはじめてモデルルームや不動産屋さんに足を運んでみてください。

 

 

いざモデルルームへ!中古の物件があればそれも行ってみて。

 

 

新築のモデルルームに行くなら

 

マンションのモデルルームはとにかく豪華です。

またモデルルームの営業マンはマンションを売り切るという使命があるため、あの手この手でセールストークをしてくるでしょう。

 

せっかく準備してきた、自分の希望、予算を思い出し、いかにその場の空気に流されないか?を大事にしてください。

こちらの過去記事をぜひ読んでみてくださいね。

 

マンションモデルルーム見学のポイント9つとマイホーム選びに大事なたった1つのこと

 

 

中古物件を視野に入れるなら知っておいてほしいこと

 

先ほども書きましたが、マンションを選ぶならぜひ中古も見てみてください。

 

同じエリアで新築だと3000万だけど、中古の築30年だと1000万円になってる!

 

 

そうです。これが今新築のマンション30年後の姿です。

やすやま

 

 

実は管理費・修繕積立金が足りていないマンションは多数存在します。

管理費・修繕積立金は最初安く設定しています。それは支払い金額を下げて、マンションを売りやすくするためです。だいたい途中で足りなくなることに気がついて、金額上げますが、上げるには管理組合の承認が必要です。

 

 

大規模修繕はだいたい12年ごとに実施するマンションが多くて、最初の12年はなんとか積み立てたもので足ります。

だけど24年目か36年目で足らないところがほとんどなんです!

 

 

足りない分は住民で割って負担できればいいけど、だいたいこの話し合いでこじれます。

あるマンションでは足りない費用を金融機関から借りて、その借金を割って負担するという例もありました。

費用の回収は困難だったため、回収業者を使う場合もあるようです。

 

 

過去記事も読んでみてくださいね。

築40年のマンションを購入するつもりですが、建て替えが心配です。

 

 

つ・ま・り!

私は中古マンションを資産価値という点でオススメしていますが、ずっと持っているだけでは最後損をする可能性が高いです。このことは十分に頭にいれておいてくださいね。

やすやま

 

 

 

マイホーム!何から始めればいいのか?…まずは自分のニーズをしっかり把握することです。

 

 

 

そろそろマイホーム…!だけど何からすればいいの?の声にお答えする形で記事を書いてみました。

 

 

だんだん求めるものが見えて来ました!!

 

 

そうですよね。まとめてみます。

 

 

マンションを選ぶ人へ

 

利便性を求めるならマンションがよいでしょう。

ただ立地がものすごい希少価値のあるマンションというのはレアで、マンションはババ抜きなので、最後に持っている人が損をします。

 

マンションの老朽化問題は深刻!ババ抜きゲームと同じだよ?

 

10年か15年で買い換えていく。どんどん乗り換えていく。

こういう視点を持っておいた方がいいかもしれまん。

 

 

戸建てを選ぶ人へ

 

終の住処が欲しい!マイホーム=一生に一度。

こういう考えが強い方は、マンションだと損をしてしまう可能性が強いです。

先ほど書いた通り、マンションは最後に持っている人が損をすることが多いからです。

ですからマイホーム=終の住処、という考えが強い場合は戸建てを選んだ方がいいのかもしれません。

 

 

 

こんな風にあなたの求めるものをとことん深堀してみてください。

後悔しないマイホーム選びは、ここの工程で自分にしっかり向き合うことが一番の近道です!

あなたのマイホーム選びの参考になりますように。

 

 

 

追伸。

マイホーム相談でお困りの場合、お問い合わせください。

マンション診断も承っています。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あなたはマイホーム探しの中でこんな風に思っていませんか?

  • 新築?中古?一戸建て?マンション?どうやって選べばいいの?
  • 一生に一度の大きなお買い物、絶対損したくない!
  • 将来子供に残せるような、資産になる家が欲しい!
  • マイホームを選ぶ時の基準やポイントを知りたい!
  • 家選びについて独学で調べてみたけど、やっぱり不安!

ebook表紙

そんなあなたの悩み・疑問について、不動産業界歴10年のプロがひとつずつ詳しく解説しています。

不動産営業マンが絶対に教えてくれない

『正しいマイホーム選びのノウハウ』ギュっとまとめた1冊です。

マンションの購入を検討しているあなたには、マンションチェックリストも無料プレゼント!

たった78項目です。たった30分です。そして今なら無料です。

すぐにダウンロードしてチェックしてみてください。

マンションチェックリスト

この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マイホーム塾 , 2018 All Rights Reserved.