不動産営業マンは絶対に教えてくれない『正しいマイホーム選びのノウハウ』無料公開中!  詳しくはこちらをクリック

      2017/02/13

冬の必需品ですよ?ニットが長持ちする洋服ブラシの使い方。

 

冬のニットって着たら毎回洗わないと思いますが、着た後ってどうしてますか?

 

まさか、毎回ドライクリーニングにだしちゃってます?

(わお~ブルジョア!)

 

わが家では、ニットを着た後は毎回洋服ブラシをかけています。

だって、そのほうがニットが長持ちするんだもん。

手玉が出来にくいんだもん。

 

今日はあなたに、節約にもなって洋服が長持ちするちょっとおトクな洋服ブラシの世界をご紹介いたします!!

 

 

なぜ洋服にブラシをかけるの?

ニットの繊維

 

そもそもですが。

洋服にブラシをかけるって知っていましたか?

 

私は30歳すぎてから知りました(笑)。

もちろんエチケットブラシはもっと前から知っていましたよw?

 

なぜニットに洋服ブラシをかけたほうがいいのか?

それは、ニットが長持ちするから。

長持ちする理由はこの3つ。

 

汚れが落ちるから

1日着た洋服って思っているよりずっと汚れやホコリがついています。

見た目よりずっと汚れているんです。

ニットの繊維の隙間に、ホコリや汚れ、フケ、花粉なんかが入りこんでいます。

 

でも、洋服ブラシをかけることで、繊維の隙間まで入りこんだ汚れなどをかき出すことが出来るんですよ。

なので虫食いも防げますよ。

 

繊維の流れが整うから

着ているうちに潰れてしまったり、絡まってしまったりした繊維が、ブラシをかけることで繊維が起き上がり、絡まりもほぐされて、流れが整います。

 

この繊維の絡まりをほったらかして、そのニットを着続けると、手玉になっていきます。

こんなカンジです。

ピリング

ピリング・ズーム

出典 東京都クリーニング生活衛生組合

毛羽が発生している段階でブラッシングすることで、毛玉の発生が防止できるんですよ!

 

ドライクリーニングの回数を減らせるから

石油系の有機溶剤を使用するドライクリーニングは実は洋服の生地に負担をかけます。

そのため、あまり頻繁にドライクリーニングに出すと、洋服を痛めてしまうんですね。

(私は個人的に石油系の有機溶剤でのクリーニングはあまりしたくありません。)

 

あとドライクリーニングは、皮脂汚れのような脂溶性の汚れは落とせますが、水溶性の汚れは落とせません。

ついでに覚えておきましょう!

 

 

ブラシの使い方を教えて?

 

では洋服ブラシの使い方を知りましょう!

 

 

 

ブラッシングのポイント

①洋服に湿気がこもっているとほこりが掻き出しにくいので、少し吊るしておき湿気を飛ばす

①襟元や袖口などの汚れやすいところは下から上へ繊維の奥から掻き出すようにブラシをかける

②繊維の流れにそって(基本は上から下へ)ブラシをかける

③ゴシゴシとこすらずに、手首にスナップをきかせて掃くようにかける

④繊維の流れを整えたら完了

 

 

どんなブラシがおススメなの?

 

化学繊維のもの、化学繊維が混ざっているもの、はあまりおススメしません。

やっぱり生地が傷んでしまうのが怖いからです。

静電気が起きにくい、100%天然獣毛がおススメです。

天然獣毛にも、豚毛と馬毛があります。

キメ細かくて、かつコシがあって、毛足は少し長めのものが使いやすいと思います。

 

豚毛はコシのある毛質で、カシミヤなどのデリケートな素材には少し硬すぎます。

スーツなどに使用される生地には問題はなく、馬毛よりはリーズナブルなのがポイントですね。

 

馬毛は柔らかく、デリケートな素材でも安心して使えます。

柔らかくてもしっかり汚れが落とせますが、豚毛に比べるとお値段高めです。

昔は洋服ブラシと言えば豚毛だったようですが、最近は馬毛のほうが一般的になってきています。

 

私が持っているブラシはこちら。

上の動画でもコレを使用していますよ。

 

浅草アートブラシ社 2,670円

わが家はこれでじゅうぶん間に合ってます。

ただ、コートをブラッシングする時はブラシ部分がそんなに大きくないので、ちょっと疲れますw。

 

もうちょっと大きめのサイズでコートやスーツにおススメはこちら。

洋服ブラシ

出典 ブラシの平野

ブラシの平野 17,280円(!!でも一番人気商品です)

た、高いですが、ブラッシングの後のツヤが違うそうです。

 

夢のまた夢、憧れのブラシはこちら。

 

イシカワブラシ 129,600円(たかっ!!!)

超高級の洋服ブラシです。

これを見たあとには、なぜか安く感じてしまうのがこちら。

 

高級クリーニング店では使われているブラシです^^

 

ブラシのお手入れにはこれ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ブラシの平野】 洋服ブラシのお手入れに 金クシ
価格:1836円(税込、送料別) (2017/1/20時点)

 

ブラシの平野 金クシ 1,836円

これで、ブラシを時々すいてあげて、獣毛にからまったほこりなんかを取り除いてあげます。

 

 

洋服ブラシ・・・まとめ

ニット

いかがだったでしょうか?

洋服ブラシ、あなたは使っていましたか?

 

もし使ったことがなければ、ぜひ使ってみてください。

汚れも落とせて、繊維の流れも整えられて、クリーニングの回数も減らせることができるから、結果的に洋服が長持ちしておトクなんです!

気に入って買ったあの洋服、この洋服、少しでも長く着たいですもんね♪

 

私はユニクロの1,990円で買ったニットだってちゃんとブラシをかけています。

いや、むしろ、毛玉がすぐ出来そうだから、より丁寧にブラッシングしてます(笑)。

高い洋服でも、安い洋服でも、ちゃんと手入れしていれば長く着れますし、愛着もわきますからね。

 

(毛羽立ったニット着てたらダサイ素敵さ半減ですよ~~~)

 

洋服のブラッシング、超オススメです^^

 

では、また!

 

 

↓ ↓ ↓次のおススメの記事はコチラ↓ ↓ ↓

真冬のアウター革命!ユニクロのウルトラライトダウンをインナーとして着るお洒落テクニック。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です