業界が隠し続けるマイホーム選びの真実、バラしちゃいます!!

不動産営業マンは絶対に教えてくれない『正しいマイホーム選びのノウハウ』無料公開中!  詳しくはこちらをクリック

目からウロコの暑さ寒さ原因!断熱リフォームは窓のみがオススメな訳。

2016/10/19
 
リフォーム現場
この記事を書いている人 - WRITER -

夏暑く、冬寒い。

こんなマイホームってイヤですよね?

せっかくのマイホームなのに、『快適な生活』からはほど遠くなりますよね。

 

中古物件が新築物件に比べて大きく劣る点が断熱性能です。

もちろん、新築であっても断熱性能が低い住宅はたくさんあります。

ですが、昔の住宅であれば、そもそも断熱が全く無かったり。

されていたとしても、断熱材がダメになっていたり。

正しく施工されていなかったり。。。

 

新築の場合には、設計の段階で断熱性能についてきちんと考えて対処できます。

でも、中古の場合はそうはいきませんよね。

ついうっかり建物全体に断熱リフォームなんてした日には・・・

相当な金額になること間違いなし!

 

なので、リフォームで断熱性能をUPさせるには、窓のみ断熱リフォームすることをオススメします。

 

まず、断熱について正しく知ろう!

 

「断熱がきちんとされていないと、暖かい室内の熱が外へ逃げてしまい、部屋が寒くなる」

と考えていませんか?

これって間違いではないですが、正しくもありません。

 

断熱がきちんとされていないと、冬は冷たい外気に冷やされて、窓や壁、天井や床が冷たくなります。

そして輻射冷却を受けます。

そのため、同じ室温であっても、体感温度は低く感じられ、寒いんですね。

 

それでは、画像で確認していきましょう!

(画像は日本建材・住宅設備産業協会よりお借りしました♪)

体感温度

このように、同じ室温なのに、体感温度が違うってことはよくありますよね?

それは、部屋の表面温度が関係しているからなんです。

 

体感温度・寒い

このように、部屋の表面温度が低いと、体感温度も低く感じてしまうんですね~。

ちなみに、

体感温度=室温と表面温度の中間温度

となりますよ^^

 

体感温度・暖かい

表面温度が高いと、同じ室温だったとしても、体感温度が高いですね。

 

断熱がきちんとされていると、部屋の窓や壁、床、天井の温度が低くならないので、部屋の表面温度が高く、結果、暖かいと感じるんですね。

逆に断熱がきちんとされていないと、部屋の窓や壁、床、天井の温度が低くなり、部屋の表面温度が低く、寒いと感じてしまいます。さらに室温を上げようと暖房の設定温度を上げ、結果暖房代が高くついてしまうんです。

 

「熱が外に逃げてしまうから寒い」と言うよりも、「外から冷やされて寒い」と言ったほうが分かりやすいかもしれませんね♪

 

建築のプロでも断熱の知識が低い人が多いよ!

 

建築関係に携わる人の中にも、断熱についての知識が低い人はよく見かけます。

そのため、正しく施工されていないケースもよくあります。

 

  • 断熱材が壁の一部しか入っていなかった
  • 防湿層を逆にして施工していた
  • 断熱材のつめ忘れがあった

なんて笑えない話が実際にはゴロゴロとありますから。

 

新築でマイホームを建てられる方は、必ずハウスメーカーや工務店の担当者に断熱について確認しましょう!

断熱と防湿は二つでセットなので、その両方が大切ですよ。

できれば、建築現場を確認させてもらえると安心です。

 

現場の大工さんなど、ほとんど知識なく施工されている方も中にはいらっしゃるので!

この断熱材の施工方法を間違うと、結露によりマイホームが大きなダメージを受けてしまいますからね。

 

どうして、中古の断熱リフォームは窓だけで良いの?

 

もちろん、本当は壁や天井、床もできれば一番いいですよ。

でも、それにはかなりの費用がかかります。

(フルリノベーションする時にはオススメします!)

 

なので、一番効率の良いポイントだけをリフォームすることをオススメします。

そして、その一番効率の良いポイントが『窓』なんですね。

 

それではこちらをどうぞ~!!

 

熱損失

画像は日経アーキテクチュアよりお借りしました

 

夏場だと73%、冬場だと58%の熱が窓から出入りしているんですね。

あなたは知ってましたか?

実際、私もクライアントにご説明しますが、あんまり信じてくれません(なぜ?)。

「窓だけ換えたって仕方ないでしょ~」ってよく言われます。

 

とは言え、断熱に一番効果があるのは窓対策と言えるのでは?

だって窓を対策するだけで半分以上の熱損失が防げるんですからね^^

 

窓の断熱リフォームとしては、

インナーサッシ(内窓)

を激しくオススメします。

 

こういうヤツ↓です。

インプラス

画像はLIXILさんよりお借りしました

 

オススメする理由としては、

断熱効果が高い

防音効果もある(商品によって)

結露対策にもなる

コスパがいい!!!

 

デメリットは、

窓を開ける時は2回開けないといけないので邪魔臭い

内側に施工するのでちょっと部屋が狭くなる

 

夏の対策としては、窓で遮熱を考えるより、

外付けブラインド

ルーバー雨戸

なんかで日光を遮る方法をオススメします。

 

寒い部屋を暖めるよりも、暑い部屋を冷やすほうがエネルギーが少なくてすむからです!

また、この話は違う記事で書きたいと思います^^

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

暑さ寒さの原因、分かってもらえたでしょうか?

 

断熱リフォームで一番効率が良いのは窓のリフォームなんです。

窓を内窓にするだけで、かなりの快適空間を手に入れることができますよ!!

 

床暖房しているから大丈夫です!

って営業トークしている営業マンがいますが、それは間違っています。

それはなぜか?聡明なあなたはもう知っていますね。

床からの熱損失はわずか7%。

 

それよりは窓に費用をかけたほうが、はるかにコスパ良くないですか?

断熱リフォームをするなら、このポイントを覚えておいてくださいね!

それではまた。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あなたはマイホーム探しの中でこんな風に思っていませんか?

  • 新築?中古?一戸建て?マンション?どうやって選べばいいの?
  • 一生に一度の大きなお買い物、絶対損したくない!
  • 将来子供に残せるような、資産になる家が欲しい!
  • マイホームを選ぶ時の基準やポイントを知りたい!
  • 家選びについて独学で調べてみたけど、やっぱり不安!

ebook表紙

そんなあなたの悩み・疑問について、不動産業界歴10年のプロがひとつずつ詳しく解説しています。

不動産営業マンが絶対に教えてくれない

『正しいマイホーム選びのノウハウ』ギュっとまとめた1冊です。

マンションの購入を検討しているあなたには、マンションチェックリストも無料プレゼント!

たった78項目です。たった30分です。そして今なら無料です。

すぐにダウンロードしてチェックしてみてください。

マンションチェックリスト

この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マイホーム塾 , 2016 All Rights Reserved.