業界が隠し続けるマイホーム選びの真実、バラしちゃいます!!

不動産営業マンは絶対に教えてくれない『正しいマイホーム選びのノウハウ』無料公開中!  詳しくはこちらをクリック

【入門編】積立投資は資産形成?資産運用?どっちなのか知りたくない?

2018/05/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ども!2018年は投資にハマっているヤスヤマです!!

 

若い世代におススメとイケハヤ(@IHayato)さんもイチオシの積立投資。

ウェルスナビ

 

イケハヤさんも愛用している>>ウェルスナビ公式サイトはこちら

 

イケハヤさんはさておき、つみたてNISAとかiDeCoとか、最近よく耳にしますよね?

でも、積立投資って何?って思いませんか?

 

読んだ通りで、定期的に積み立てながら、投資を行うことなんです。

が、ただ積み立ててお金を貯めるなら定期預金ですよね?

そうじゃなくて、積み立てたお金を投資に回していくのが積立投資。

 

そこで、私には唐突に疑問が!

 

積立投資って、資産形成なの?資産運用なの?

やすやま

 

そう!私は資産形成と資産運用の違いがよく分かっていなかったんです。

投資イコール運用でしょ?って思ってた私。

だから、そんな疑問が湧いてくるわけで。

 

そんな、私と同じ疑問がふと湧いたあなたにお伝えしたい!

 

積立投資は資産形成です。

 

 

▼『ウェルスナビ』で積立投資!の運用成績を公開▼

【実績公開】ロボアドバイザー「ウェルスナビ」で100万円を投資した運用成績から思うこと

 

 

資産とは何ぞや?

 

資産って何でしょうね?

資産イコールお金持ちが持ってるもの

みたいなイメージしかなかった私です。

 

まず、資産の意味をここでしっかりと確認したいと思います。

 

資産って一般的には、現預金、株式などの証券、土地や建物などの不動産、自動車・貴金属・金などのように現金化できるような動産、を指すはずです。

 

会計的に言うと、流動資産(現預金・売掛金・棚卸資産など)、固定資産(不動産・特許権・出資金など)、繰延資産なんかもありますよね。(←私、商学部会計学科の出身なものでw)

 

 

そしてここで、まあまあ重要な余談をひとつ。

 

金持ち父さん、貧乏父さん(ロバートキヨサキ(著)、白根美保子(訳)、筑摩書房)というベストセラーを覚えていますか?

この本を読んで、資産形成や資産運用に目覚められた人も多いんじゃないかと思いますが。

 

この金持ち父さん貧乏父さん」の中にも、「資産」の定義が出てきます。資産の形成や運用を考えている人にとっては、こっちの定義のほうがはるかに重要な気がするので、ここで紹介します。

 

金持ち父さん(ロバートキヨサキさん)の定義によれば、

 

資産とは、あなたのポケットにお金を入れてくれるものであり、負債とは、あなたのポケットからお金を奪っていくもの

 

だとされています。

 

つまり、更なるお金を生んでくれるものじゃないと、『資産』とは言えないんですよね。

 

 

積立(つみたて)投資とはなんぞや?

 

では積立(つみたて)投資って何でしょうか

積立(つみたて)投資って、読んで字のごとく積み立てて投資を行うことですよね

 

積立(つみたて)、と言うのは毎月だったり毎週だったりその決められたタイミングで定期的にお金を積み上げていくことを積立(つみたて)っていいます。でその積み立てたお金を投資に回すことを積立(つみたて)投資っていいます。

 

毎月、淡々とお金を積み立てていくんですけども、ただ単に貯めるだけなら『貯蓄』ですよね?

 

でも、積立(つみたて)『投資』ですから、投資なわけです。

 

 

貯蓄と投資の違いは?

 

はい、では、ここで『貯蓄』と『投資』の違いについても確認しておきましょう!

 

貯蓄:お金を安全に貯めて蓄える行為⇒自分が働いてお金を貯める

投資:資産を投下して利益を狙う行為→貯めたお金を働かせる

 

つまりはこういうこと、なんじゃないでしょうか。

 

つまり、『投資』って名前がつくってことは、お金に働いてもらって、お金にお金を生み出してもらうものってことですよね。

 

 

私の場合はそこで、積立(つみたて)投資って『資産形成』なのか『資産運用』なのかって疑問が湧いてきました。

混乱した頭を整理するため、一度きちんと整理したいと思います。

 

 

資産運用って何?

 

文字通り、『資産を運用する』こと。

 

資産運用では、『資産がある』というのが重要なポイントです。だって『資産』がないと運用できないですからね。

 

資産運用では、

1.既にある資産を『投資』に回して、資産を増やそうとすること

2.既にある資産を別の資産に換えて、物価上昇による資産の目減りを防ぐなど、資産を守ること

3.老後資金など徐々に減っていく資産をなるべく減らさないようにすること

なんかが含まれます。

 

資産運用って投資だけじゃないんですね~!

やすやま

 

 

資産形成とは?

 

資産形成って文字通り、『資産を作っていく』こと。

 

資産』というものが全くない人であれば、資産0(ゼロ)の状態から少しずつ資産を積み上げていって資産を築いていくことになります。

また、もう既にたくさんの『資産』がある人であれば、その資産を運用することで、更に今以上に資産を築いていくことにもなる訳です。

 

違いがわかるでしょうか?資産運用と資産形成って、一見同じようなイミと思うかもしれないんですが、ちょっと違うんです。

 

資産運用は資産があることが必要不可欠なんだから、ある程度の資産が出来るまでが資産形成。ある程度の資産ができてからは資産運用。

 

って説明されている方も結構な数いらっしゃるんですけど・・・それもちょっと違います。

資産形成には、労働収入(給与や事業収入など)による資産の積み上げも含まれますからね。それって、資産運用しながらも、資産形成を続けているってことですもん。

 

まあ、分りやすく言うと、

資産形成のひとつの手段として資産運用がある

ってことです。

 

もちろん、日常生活に必要なお金や将来のあるタイミングで必要なお金を確保するための貯蓄だって立派な資産形成です。

 

 

じゃあ、積立投資は資産形成と資産運用どっち?

 

いままでの話を考えると、答えは見えてきましたよね?

 

毎月、こつこつとお金を貯めながら(貯蓄)、その貯めたお金を投資に回している(資産運用)わけです。

貯蓄しながらも資産運用しているわけなんですから・・・

 

積立投資は資産形成です。

 

私なりの解釈による見解です・笑!どっちでもいいですよねw

でも、積立投資は最強の資産形成方法なのは間違いないですよ!

やすやま

 

今話題のロボアドバイザーで資産運用「WealthNavi」

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© マイホーム塾 , 2018 All Rights Reserved.