不動産営業マンは絶対に教えてくれない『正しいマイホーム選びのノウハウ』無料公開中!  詳しくはこちらをクリック

      2017/01/29

新ファーストレディ・メラニア夫人とラルフ・ローレンとアメリカ・ファーストと。

 
トランプ大統領就任

どうも。

骨格スタイルアドバイザー&色彩コーディネーターの安山です。←長い(笑)

 

トランプ新大統領の就任式のニュースがすごいですね!

そんな中、新ファーストレディとなったメラニア夫人の衣装もちょっと話題になっています。

 

どうしてそんなことが話題に?

 

じつはちょっとした裏話があるからなんです。

 

 

新ファーストレディ・メラニア夫人の衣装

 

トランプ新大統領の就任式で、トランプ本人がまとった衣装はこちら。

 

トランプ大統領とメラニア夫人

画像はトランプ氏公式Twitterより

 

ダークネイビーのスーツ+レッドのネクタイ

 

アメリカ大統領の定番カラーです。

 

堅実さを表すダークネイビー

力強さを表すレッド

 

アメリカの国旗である 星条旗 の色でもあります。

 

一方、新ファーストレディとなったメラニア夫人がまとった衣装は・・・

 

スカイブルーの上品な立ち襟のジャケットとワンピース

 

アメリカを代表するデザイナー、ラルフ・ローレンがデザインしたもの。

そして、この衣装がちょっと話題になっているんです。

 

 

政治家やセレブ、有名人はイメージコンサルを雇うのが常識

 

大統領選挙戦中も、夫トランプ氏の勝利演説のときも、夫トランプ氏とホワイトハウス公式訪問のときも、メラニア夫人は

自分でお店で選んで買ったもの

を身にまとっていました。

 

身長も高く、スタイルも抜群なメラニア夫人だからこそ着こなせるような服装ばかり。

さすが、元モデル、という印象でしたが。。。

 

次期大統領夫人としてふさわしい服装だったかと言えば、おそらくノーだったように感じます。

そもそも、当時の服装に大した「意味」などなかったんですよね。

 

私たちのような一般人にとっては、

自分の服は自分で選んで買う

のがごく普通です。

 

ですが、政治家やセレブ、有名人などは

イメージコンサル

を雇い、戦略を持って服を選ぶんですよね。

イメージコンサルとは、スタイリストやデザイナーなど。

 

イメージが大切な選挙戦ですから、こういったイメージコンサルを本人だけでなく夫人につけるのも、

はっきり言って当たり前!!!

 

ですが、メラニア夫人はイメージコンサルを雇っていなかったようで。

「メッセージ性」を全く持たせず、自分のセンスで欧州のブランドを好んで着ていたんですね~。

 

夫トランプ氏は「アメリカ・ファースト(第一主義)!」と声高に叫んでいたのに(笑)

なんか笑えます。

 

さらに、夫トランプ氏の人種差別の発言を受けて、多くのデザイナーが衣装の提供を断っていたんです!

「メラニア夫人に自分の服を着て欲しくない!」と。

 

そんな事情もあり、

メラニア夫人が就任式でどのデザイナーのどんな衣装を身にまとうのか?

というのがファッション業界ではみんなちょっと興味があったんです^^

 

 

ミシェル・オバマ前大統領夫人のファッションは戦略的

 

ミシェル・オバマ前大統領夫人は反対にファッションに強い「メッセージ性」を持たせていました。

 

ファッションを重要なコミュニケーションツール

 

と考えていたそうです。

 

2009年オバマ大統領就任式の後の舞踏会では、無名だった台湾出身のデザイナーのドレスを着たり。

アメリカの若手デザイナーや非白人系デザイナーのブランドを多用したり。

GAPなどのアメリカ大衆ブランドも着たり。

オバマ前大統領の考えや政治的理念をミシェル夫人はファッションでも表現していたんですよね~。

 

私が感動したエピソードをご紹介します。

 

オバマ大統領との会談のため次期米大統領ドナルド・トランプ氏がホワイトハウスを訪問しましたが、そこにメラニア夫人も同行しミシェル・オバマ現大統領夫人と会談を行いました。

(中略)

今回のメラニア夫人との会談で着ていたのはアメリカ人デザイナーのナルシソ ロドリゲスのドレス。

ロドリゲスはキューバ移民の息子で、2008年のオバマ氏の勝利宣言のとき、つまり次期ファーストレディとして公に出た際にミシェル夫人が選んだデザイナーです。

今回は紫(敗北宣言のときのヒラリーと同じ意味だと思われます)をベースに太陽をイメージする黄色とオレンジの直線的なラインが入ったデザイン。

デザイナー選びも、ストーリーも、色も、デザインも、すべて考え尽くされた無言のメッセージになっているのは見事です。

引用:Yahoo!ニュース

 

さすがミシェル夫人♪

もう、ため息しかでませんね~^^

 

 

大統領選挙戦中ヒラリー・クリントンの衣装はラルフ・ローレン

 

もちろん、大統領選挙戦中にはヒラリー・クリントンにもイメージコンサルがいましたよ。

 

何を隠そう、それが

ラルフ・ローレン

なんです!!!

 

ヒラリー・クリントンが敗北宣言した時の衣装もラルフ・ローレン

『共和党()と民主党()が共に歩む』を意味するを身にまとっていました。

夫のビル・クリントン氏ものネクタイ。

 

そんな日に、知ってか知らずか、メラニア夫人もまたラルフ・ローレンの白のジャンプ・スーツ。

そんなメラニア夫人の衣装に

重要な意味

深いメッセージ

は感じられないですよね・・・

 

(これが戦略ならかなり怖いですが・・・)

 

 

就任式でのメラニア夫人の衣装は「アメリカ・ファースト(第一主義)」の表れ

 

ですが、今回の就任式でのメラニア夫人の衣装は『メッセージ性』があったのでは?と思います。

 

アメリカを代表するデザイナー、ラルフ・ローレンの衣装。

上品さのあるスカイブルー

80年代風のボディコンシャスなスタイリング。

 

「アメリカ・ファースト!!!」と強いメッセージを語る夫トランプ新大統領。

その横に、80年代を彷彿とさせるボディコンスタイルの新ファーストレディ・メラニア夫人。

 

80年代の強いアメリカを再び、というメッセージを感じずにはいられませんね。

 

 

メラニア夫人とラルフ・ローレンとアメリカ・ファースト・・・まとめ

 

いかがでしたか?

 

実は政治家やセレブは、ファッションも重要なセルフブランディングのツールとして考えているんですね。

なので、イメージコンサルと協働して戦略的にコーディネートします。

 

あなたも

みんなからこう見られたい自分

にふさわしいファッション、してみませんか?

 

では、また!

 

→→→次の記事はこちら

あなたがブルーベースかイエローベースかでそもそも似合うスーツカラーが違うんです!

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です